2016京丹後四季の魅力フォトコンテスト入賞作品

最優秀賞

<最優秀賞>  タイトル 親のぬくもり

親のぬくもり

(撮影場所) 網野町夕日ヶ浦
(撮 影 日)  2016年7月23日
(応募者名) なお さん(京都府城陽市)

(作品コメント)
子供ができ初めての旅行に夕日ヶ浦に行ってまいりました。夕日、雲、海、全てが素晴らしくシャッターを切りました。生涯忘れることのない景色で感動いたしました。
(講評)
母と子の絆や親の優しさが伝わるやさしい写真。京丹後の夕景を背景に構図も良く、ほのぼのとした優れた作品。



優秀賞

<優秀賞> タイトル 棚田で田植え

棚田で田植え

(撮影場所) 丹後町袖志
(撮 影 日)  2016年5月15日
(応募者名) たっつん さん(大阪府枚方市)

(作品コメント)
毎年恒例の丹後の棚田での田植えを今年も盛大に行うことができました。
(講評)
人物の良い表情をうまくとらえている。奥行や立体感があり構図としても素晴らしい。



優秀賞

<優秀賞> タイトル ゆうすげの咲く頃

ゆうすげの咲く頃
(撮影場所) 丹後町立岩
(撮 影 日)  2016年7月10日
(応募者名) 中尾義雄 さん(大阪府吹田市)

(作品コメント)
丹後半島の海岸線でひときわ大きな柱状節理の立岩に可憐なゆうすげ、姫ユリの咲く海辺に梅雨明けの晴間に天空を昇る夕景は日本海の美しい自然風景の贈り物です。
(講評)
夕日と雲のコントラストと、グラデーションの色の変化が良い。京丹後ならではのスポットをうまくとらえている。



優秀賞

<優秀賞> タイトル 紅葉に映える

紅葉に映える
(撮影場所) 網野町
(撮 影 日)  2016年11月12日
(応募者名) 好鉄 さん(京都府京丹後市)

(作品コメント)
京都丹後鉄道が「丹後の海」としてリニューアルした特急「はしだて」。紅葉をバックに狙った。紅葉に映えるブルートレイン。麗姿が撮れた。
(講評)
秋の紅葉の黄色と、列車のブルーのコントラストが秋の魅力を引き立てている。欲を言えばもう少し列車が手前に進んでも良い。



優秀賞

<優秀賞> タイトル 待ちに待った日

待ちに待った日
(撮影場所) 大宮町森本
(撮 影 日)  2016年10月30日
(応募者名) ケンさん さん(京都府宮津市)

(作品コメント)
待ちに待った開通の日は素晴らしい天気で多くの見物の人たちでした。小さな子供連れの家族もとても嬉しそうで 多くの鯉のぼりが泳ぐ田んぼのあぜ道を走り回っていました。
(講評)
こいのぼりと子供たち、家族の姿のコントラストが素晴らしい。ほのぼのとした一瞬をうまく捉えている。



優秀賞

<優秀賞> タイトル 餅の華

餅の華
(撮影場所) 峰山町荒山
(撮 影 日)  2016年12月28日
(応募者名) ひーくん さん(京都府京丹後市)

(作品コメント)
雪のない年末に雪のような餅花を作りました。
(講評)
バランスが良くスッキリした作品。煩雑な部分を取り除き、うまくシーンを切りとっていて雰囲気が伝わってくる。



優秀賞

<優秀賞> タイトル 初雪

初雪
(撮影場所) 網野町網野駅
(撮 影 日)  2017年1月14日
(応募者名) mic さん(京都府宇治市)

(作品コメント)
カニを食べに網野まで初雪で雪景色した電車が過ぎ去っていく様子をスマホで撮影しました。大荒れで人気のない寂しさが伝わるようにしました。
(講評)
冬の鉄道の駅(網野駅)の寂しい雰囲気をうまくとらえており、構図も良い。



優秀賞

<優秀賞> タイトル 清涼「霧降の滝」

清涼「霧降の滝」
(撮影場所) 網野町新庄
(撮 影 日)  2016年8月8日
(応募者名) 山田つとむ さん(滋賀県野洲市)

(作品コメント)
一度は見たかった「霧降の滝」。期待に違わない威容に圧倒され思わず滝の不動明王に合掌。マイナスイオンを浴びて心洗われ帰路につきました。
(講評)
構図は完璧。太陽光で浮き上がった緑と、滝の流れのコントラストが素晴らしい。



優秀賞

<優秀賞> タイトル さえずるが如く

さえずるが如く
(撮影場所) 丹後町袖志
(撮 影 日)  2016年7月11日
(応募者名) 宮部荘太郎 さん(大阪府枚方市)

(作品コメント)
当地は初めて訪れたので道の駅で腹ごしらえをして、ビューポイントを確認し家内と共に十分景色を堪能しました。帰路の途中道の両側に極めて珍しい干し物の情景が目に入り夢中で写した中の一枚です。
(講評)
夏の清々しい空の青さと干し魚のコントラストが良い。太陽光の差し込みも良く網のラインも面白い。



優秀賞

<優秀賞> タイトル リフトアップ!

リフトアップ!
(撮影場所) 網野町浅茂川海水浴場
(撮 影 日)  2016年8月7日
(応募者名) 奥田仁一郎 さん(神奈川県横浜市)

(作品コメント)
毎年帰省の楽しみは海水浴海です。丹後の海は綺麗で安心して泳ぐことが出来ます。
(講評)
なかなかとらえられない一瞬のアクションをうまく捉えている。季節感も出ている。



優秀賞

<優秀賞> タイトル 冠雪の立岩

冠雪の立岩
(撮影場所) 丹後町間人
(撮 影 日)  2017年1月24日
(応募者名) 坪倉義英 さん(京都府京丹後市)

(作品コメント)
寒波に見舞われ、海岸線に雪が積もり、めずらしく立岩は白い模様に変わり、鉛色の丹後の空に浮かび上がった。
(講評)
雪がかぶっている立岩と冬の荒々しい波をバランスよく表現している。構図も良く、どんよりとした空の色は、いかにも京丹後らしい。



(特別賞 講評)
【2016フォトコンテスト全作品について】

・今回のフォトコン作品を通じて、豊富な京丹後の魅力が再発見できた。
 エメラルドグリーンの海など沖縄をイメージできるものもあった。
・応募作品は様々な作品が出そろい、全体としてバリエーションがついて大変良かった。



春賞

<春賞> タイトル ローカル列車はイイね!

ローカル列車はイイね
(撮影場所) 網野町網野駅付近
(撮 影 日)  2016年4月15日
(応募者名) 丹後モモ さん(京都府京丹後市)

(作品コメント)
丹後くろまつ号に乗って食事したいなあ。芝桜が咲く頃には毎年なぜかここに来たくなる。



春賞

<春賞> タイトル 夕日影

夕日影
(撮影場所) 丹後町袖志(袖志の棚田)
(撮 影 日)  2016年5月22日
(応募者名) 足立均 さん(兵庫県朝来市)

(作品コメント)
丹後半島一周のドライブは何度か行ったが、棚田は知らなかった。「丹後美撮図」を見て、是非訪れたくなりました。暮れ泥む夕陽を夫婦で楽しむ事ができました。



夏賞

<夏賞> タイトル 過ぎ去りし日の思い出と、未来への希望

過ぎ去りし日の思い出と、未来への希望
(撮影場所) 網野町
(撮 影 日)  2016年7月26日
(応募者名) リリー さん(京都府京都市)

(作品コメント)
夏の海を、敢えて詫び錆び感いっぱいにとらえました。一人の女が海を見つめ、儚さと、未来への希望を抱き人生を反芻する夏の夕暮れのワンシーン。



夏賞

<夏賞> タイトル ブルースカイ、ブルーシー

ブルースカイ、ブルーシー
(撮影場所) 丹後町屏風岩
(撮 影 日)  2016年6月10日
(応募者名) 筒井裕 さん(京都府京田辺市)

(作品コメント)
空青く、海は澄みブルーが目に焼きついて、本当に美しく今でも忘れられません。多くの人に訪れてほしいと思います。



秋賞

<秋賞> タイトル 前途のご飯

前途のご飯
(撮影場所) 網野町仲禅寺
(撮 影 日)  2016年10月29日
(応募者名) アンディ さん(東京都杉並区)

(作品コメント)
くるみだに みんなさんきよたんごの時計、どもありがとう!!!



秋賞

<秋賞> タイトル 初・みかん収穫

初・みかん収穫
(撮影場所) 網野町網野
(撮 影 日)  2016年11月3日
(応募者名) シュローダー さん(京都府京丹後市)

(作品コメント)
初めてのみかん収穫。甘くて大きい物を手に入れようと一生懸命でした。



冬賞

<冬賞> タイトル 季節風の日

季節風の日
(撮影場所) 網野町浅茂川
(撮 影 日)  2017年1月21日
(応募者名) おばたとしお さん(京都府京丹後市)

(作品コメント)
砕ける波は風のかたち。



冬賞

<冬賞> タイトル 冬の風物牡蠣漁

冬の風物牡蠣漁
(撮影場所) 久美浜小天橋
(撮 影 日)  2017年1月21日
(応募者名) 齋藤佳英 さん(大阪府枚方市)

(作品コメント)
蟹を食べるの訪にれてた、小天橋。漁港で牡蠣漁のお話を聞くことができました。寒い中での厳しい仕事。笑顔で接してくれた顔がこの地方の優しさに触れました。



ファミリー賞

<ファミリー賞> タイトル 夏休みの思い出

夏休みの思い出
(撮影場所) 網野町琴引浜
(撮 影 日)  2016年8月12日
(応募者名) r.kanemoto さん(大阪府寝屋川市)

(作品コメント)
長男と次男と撮影しました!!長女に撮影してもらいました(^^)長男は中学校一年生来年はこうやって手もつないでくれないんだろな~



ファミリー賞

<ファミリー賞> タイトル 孫との思い出

孫との思い出
(撮影場所) 丹後町間人漁港
(撮 影 日)  2016年9月15日
(応募者名) まゆこ さん(京都府京都市)

(作品コメント)
自分たちより重たいイカを運ぶ甥っ子たち。父は孫と一緒で心なしか足取りが軽そう(笑)そんな姿にほっこりした一枚。



カップル賞

<カップル賞> タイトル 二人の渚

二人の渚
(撮影場所) 網野町浜詰
(撮 影 日)  2016年9月2日
(応募者名) 塩見芳隆 さん(京都府京都市)

(作品コメント)
波おだやかな夕日ヶ浦の浜辺を散策していた二人が砂浜に設置されていたベンチで一休みしている姿がとても楽しげだった。



カップル賞

<カップル賞> タイトル 夕焼けのロマン

夕焼けのロマン
(撮影場所) 網野町夕日ヶ浦
(撮 影 日)  2016年8月18日
(応募者名) 今井隆男 さん(兵庫県豊岡市)

(作品コメント)
夕焼け雲が赤く染まり、海面も輝き、日よけの中の2人のシルエットがとても印象的でした。



グループ賞

<グループ賞> タイトル 渚でジャンプ

渚でジャンプ
(撮影場所) 網野町浜詰 箱石海岸・夕日ヶ浦
(撮 影 日)  2016年8月31日
(応募者名) 竹村貞夫 さん(兵庫県豊岡市)

(作品コメント)
夕日ヶ浦に夕日を撮りに行ったらまだ少し早く若者たちが居て、快くジャンプをしてくれた。波も少しあり影も長く伸びていい写真になった。



グループ賞

<グループ賞> タイトル ゴール

ゴール
(撮影場所) 峰山町杉谷
(撮 影 日)  2016年10月16日
(応募者名) 坪倉義英 さん(京都府京丹後市)

(作品コメント)
市の障害者車いす駅伝大会が行われた。頑張って一周し、最後のゴールでは皆の嬉しさが爆発した。



ユーモア賞

<ユーモア賞> タイトル 待ちきれない!

待ちきれない!
(撮影場所) 網野町アカシアファーム
(撮 影 日)  2016年8月15日
(応募者名) Yoda さん(滋賀県大津市)

(作品コメント)
アイスクリームを待つ娘が、待ちきれない!と言わんばかりに牛におねだり?牛さん、お願いします。



ユーモア賞

<ユーモア賞> タイトル ねこだらけ!

ねこだらけ!
(撮影場所) 峰山町泉1165-2 金刀比羅神社
(撮 影 日)  2016年9月14日
(応募者名) 豆すず さん(京都府京都市)

(作品コメント)
“狛犬”じゃない“狛猫”がいると聞いて参拝にきました。社務所の濡れ縁にも猫がいっぱいいました。どれも個性的でかわいくて思わずスマホで撮りました。



フェイスブックいいね賞

<フェイスブックいいね賞> タイトル SUNSET

SUNSET
(撮影場所) 網野町八丁浜
(撮 影 日)  2016年4月29日
(応募者名) 末次 さん(京都府京丹後市)



フェイスブックいいね賞

<フェイスブックいいね賞> タイトル そこから広がる幸せ

そこから広がる幸せ
(撮影場所) 網野町夕日ヶ浦
(撮 影 日)  2016年6月18日
(応募者名) トモ さん(京都府綾部市)

(作品コメント)
ビーチランに参加してから子供達で作ってた砂山をカメラで覗いたら、まるで洞窟から覗いた夕焼けのよう!神秘の洞窟から見た夕暮れのようで癒された。



フェイスブックいいね賞

<フェイスブックいいね賞> タイトル 夏を眺める

夏を眺める
(撮影場所) 久美浜町かぶと山山頂展望台
(撮 影 日)  2016年8月19日
(応募者名) でんきや さん(京都府京都市)

(作品コメント)
友人たちと初めて訪れた京丹後。炎天下の中、悲鳴を上げながら登ったかぶと山の山頂には、疲れも吹き飛ぶような最高の景色が広がっていました。



<応募者の皆様へ>

 『2016京丹後四季の魅力フォトコンテスト』を実施いたしましたところ沢山のご応募をいただきありがとうございました。 応募作品につきまして審査委員会により慎重に審査いたしました結果上記のとおりとなりました。
 なお、入賞点数につきましては、応募点数及び該当する特別賞の有無などを勘案し、審査委員会の協議により募集要項で示した点数等を変更しておりますのでご了承ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ